ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです

RECRUIT2016 INTERVIEW #2

最初は「ボルト」も知らなかった私が、巨大プラントの設計図を描いています。

安藤 奈美2007年入社 第1事業部 主任

2007年入社 第1事業部 設計士 安藤 奈美

ライン


本文の始まりです

描いた図面は間違いだらけ。

私は工学系出身ではありません。「地元の会社」というだけで、この会社に就職しました。最初はなんにも知りませんでした。「ボルトって何ですか?」と上司に聞いて、絶句させたこともあります(笑)。そんな私に、この会社はCADの使い方を1から教えてくれました。
CADを操作するのは面白かったです。でも描いた図面は間違いだらけ。上司に見せたら、真っ赤に修正されて戻ってきました。理由ははっきりしていました。自分が何を作ろうとしているのかが見えていなかったから。線の種類を間違ったり、穴の中に穴を書いてしまったり(苦笑)。自分にはむいてないんじゃないか?と思ったこともあります。

message1

不安だったけど、チャレンジしてみたかった。

でも、少しずつモノが見えるようになると、仕事も面白くなってきました。
似たような製品なんだけど、ちょっとずつ違う。毎日が、新しい仕事なんです。
そんなある日、「この仕事を担当してみない?」と言われました。
初めての顧客対応、先輩から指示された仕事をこなすとは違う。自分で設計し、仕事を進める。自分にできるかどうか不安でした。でも、チャレンジしてみたかった。機器の構造等細かい条件を何度もお客様と打ち合わせし、先輩にも助けてもらいながら、プラントの最終図面を作成。入社2年目の冬でした。

message2

女性にもどんどんチャレンジしてほしい

今は主に関東のお客様を担当しています。
大切にしているのは、コミュニケーション。お話に耳を傾けたり、質問したり、細かいところに気がつくのは、女性のほうが得意かも。
自分の腕しだいで認められる世界なので、女性にもどんどんチャレンジしてほしいです。
私もこれからは後輩の育成に力を入れていくつもり。私が持っているものを全部教えてあげたいと思っています。私が先輩たちに育ててもらったように。

message2

RECRUIT

  • 2016年卒採用はこちら

    リクナビ

  • 中途採用の方はこちら

    ENTRY FORM

  • INTERVIEW #1

    取締役副社長 加治 耕二

  • INTERVIEW #3

    第1事業部 設計士 翁 増仁

  • INTERVIEW #4

    第2事業部 主任技師 中嶋 正和

  • INTERVIEW #5

    第2事業部 副グループ長 末松 晃

ライン

本文の終わりです